今話題のハウスクリーニング!独立開業してがっつりと儲けませんか?

ハウスクリーニングを一度は頼んだことがある人も多いのではないでしょうか。

昨今では、共働きをしている家庭が増えていることから家事に割く時間が少ない人も多いでしょう。

自分では掃除ができないところでもハウスクリーニングを頼むことによってキレイにすることができます。

また、休日は外出するのではなくて自宅でのんびりと過ごされるスタイルの方も多くなっており、自宅を今まで以上にキレイにしたいと考える人が多くなっています。

本記事では、ハウスクリーニングで独立する方法についてご説明したいと思います。

ハウスクリーニングとは

ハウスクリーニングとは、具体的などのようなサービス内容となっているのでしょうか。

ハウスクリーニングで独立するにあたって、まずは顧客がどのような成果を求めているのか正確に把握する必要があります。

ハウスクリーニングで実際に行う作業として、どのような作業内容あるのかについてご説明したいと思います。

床の掃除

住んでいる期間が長くなるにつれて、床掃除をぞうきん及びモップなどで清掃しても頑固な汚れが取れなくなってしまうものです。

また、日常生活において食器などが落下してしまって、床を傷つけてしまうことも想定されます。

ハウスクリーニングで床掃除をするときは、普通の掃除では除去しきれなかった汚れやシミまでキレイに掃除してもらうことを顧客は望んでいます。

ハウスクリーニングでは、プロならではの専用洗剤と道具を使用して床掃除をしますので、顧客では落としきれなかった汚れやシミでもごっそりと取り除きましょう。

また、ハウスクリーニングで床掃除と一緒にフローリングのワックスがけもおすすめしましょう。

同時に作業することによって、今までの生活で付いてしまった細かな傷が目立たなくなるだけでなく、フローリングを長持ちさせることを説明して、結果的に修繕費などを抑えられることからランニングコストの抑制へとつながることを説明してください。

所要時間については、大よそ約1時間半程度で作業完了となる旨も説明しましょう。

レンジフードの掃除

ハウスクリーニングで掃除をお願いする顧客は、普段の掃除でとても大変なレンジフードにこびりついた汚れもキレイに除去して欲しいと思っています。

レンジフードは年に一度の大掃除くらいしか掃除しないと言う人が多いため、レンジフードは定期的に掃除をしなければ、調理する際に発生する頑固な油汚れが凝り固まってしまい、ベタベタになっていまうため余計に掃除が大変になってしまうので、顧客は自分で掃除することを嫌がっている傾向にあります。。長期間掃除しないとどのようになるかと言うと、油汚れだけでなくそこに埃が堆積してしまうことから熱がこもる原因となってしまいます。さらには、それらを原因として発火するリスクすらありますので顧客に注意を促しましょう。

所要時間については、大よそ約2~3時間程度となる旨も説明しましょう。

水回りの掃除

ハウスクリーニングで掃除をお願いする顧客は、キッチン・トイレ・お風呂といった水回りの掃除もキレイに掃除して欲しいと思っています。

スーパーやホームセンターなどで販売されている洗剤では、なかなか落とせない汚れもあるため、水アカ・カビ・石鹸かすといったなかなか除去することができない汚れに対しても、効果的な掃除を望んでいます。

特に、天井や排水溝などの汚れは顕著であることが想定されますので、顧客では簡単に落とせない汚れなどはハウスクリーニングの掃除で徹底的にキレイにしてあげましょう

また、トイレなども長年使用していると消臭剤では消しきれないほどの臭いがこびりついてしまうこともあります。

そんな臭いも、ハウスクリーニングを利用することによってキレイに消臭することができることを顧客に説明してあげましょう。

トイレの臭いの原因とは、元をただせば主に尿石であると指摘されています。

尿石がどこに付着するのかと言うと便座です。

尿石を無理に除去しようとするとトイレ自身を損傷させてしまうこととなりかねませんので注意が必要です。

トイレを毎日掃除している人でも、知らず知らずの間に強固な汚れが付着してしまっていることも多々あるのです。

臭いの原因を追究すると、結果的にひどい汚れを発見したということもありますので、トイレ掃除では定期的にハウスクリーニングを利用すると良い旨を説明してあげましょう。

清掃に要する所要時間は、清掃箇所や汚れの程度によって異なりますが、大よそ約2時間程度となる旨も説明しましょう。

エアコンの掃除

エアコンは、気候が良い時季以外は使用しているため、思っている以上に稼働している頻度の高い家電ですので、定期的に掃除をしないとカビ臭くなってしまうなど臭いが気になります。

原因は、エアコン内部にカビや埃が一定以上蓄積されることによって発生してしまうのです。

エアコンから簡易的にフィルターを取り出して掃除することもできますし、最近のエアコンではフィルターの自動洗浄機能が付いているものも多くなっていますので、自分で掃除をすしたり機械に任せにする人も少なくないでしょう。

しかし、その程度の掃除では完璧に掃除できているとは言い難く、フィルターの中まで開けて徹底的に掃除をしている人は少ないでしょう。

ハウスクリーニングの掃除では、エアコンを分解して徹底的に洗浄するため、溜まったカビや埃なども一掃可能であることを顧客に説明してください。

最近では、高圧洗浄機をご自分で持っておられる方も増えていますが、エアコンを高圧洗浄機で掃除しようと思うと、家庭にある高圧洗浄機では困難であることが多いです。

ハウスクリーニングで掃除をお願いする顧客は、エアコンに適した高圧洗浄機などの専用の道具を使用してクリーニングしてくれますので、内部の汚れを徹底的に除去することを望んでいます。

所要時間は、エアコンの設置位置や種類及び汚れの状態によって異なりますが、少なくとも2時間程度かかることを説明してあげましょう。

なお、フィルターの自動洗浄機能が付いているエア品ではさらに時間がかかることが想定されます。

通常の製品よりも構造が複雑となっていますので、クリーニング作業に約4時間程度かかることもありますので、時間が余計にかかることも顧客へと説明してください。


会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ハウスクリーニングと家事代行サービスの違いとは

ハウスクリーニングと家事代行業者に違いはあるのでしょうか。

家事代行サービスでも掃除をしてくりますが、ハウスクリーニングとはまったく別ものとなっているのです。

その理由は、家事代行サービスにおいては、サービスをお願いした人の家にある掃除に必要な道具や洗剤を使用して掃除をしてくれます。

一方、ハウスクリーニングは私たちでは日常的に使用しないようなプロ専用の道具及び洗剤を使用して掃除をすることを仕事としています。そのため、家事代行サービスとハウスクリーニングでの掃除の完成度は大きく異なります。

感覚的には、日常の家事や掃除を誰かに頼みたいときは家事代行を利用し、掃除に特化して徹底的にキレイに掃除をして欲しいのであればハウスクリーニング利用する顧客へとおすすめしましょう。

ハウスクリーニングのメリットとは

自宅の掃除とは、基本的には自分自身で行うものです。

しかし、お金を支払ってまでハウスクリーニングを利用するメリットとはどこにあるのでしょうか。

ここでは、ハウスクリーニングを利用することのメリットについてご説明したいと思います。

スピード

ハウスクリーニングは、いわば清掃のプロとして認識されています。

プロとして様々な場所において掃除の作業を行っているため、普通の人と比較すると掃除の効率が非常に良いと言えるでしょう。

よって、掃除の効率が良いと言うことはそれだけ迅速に掃除が行えると言うことですので、掃除に要する時間は短縮されます。

自分自身で掃除をするよりもかなり早く作業を完了させてくれますので、その分時間を有効活用することができることを顧客へと説明しましょう。

ハウスクリーニングのサービスを利用するためには費用が発生しますが、非常に迅速に自宅をキレイにしてくれますので、自分で掃除をする必要がなくなります。

空いた時間を趣味や自己研鑽に使えることを説明することによって、ハウスクリーニングの利用を顧客へと促すことができます。

掃除の精度

先述したように、ハウスクリーニングはプロ専用の洗剤及び道具を使用します。

汚れを分解させてから洗浄をさせるような工程を取ることもありますので、顧客では除去できない汚れについても徹底的に清掃してくれます。

そのため、自分だけでは普段の掃除で行き届かないところもしっかり清掃してもらえるメリットがあります。

例えば、換気扇の中や高所・家具・家電の裏などにつては、日常生活で行う掃除ではあまり清掃しない場所だと言えるでしょう。

また、そのような場所を掃除しようとすると年末の大掃除のような、かなりの時間と労力を要することとなります。

しかし、ハウスクリーニングでお願いすることによって、普段掃除できない場所を含めた数時間程度でとてもキレイに掃除してくれるのです。

自分で掃除できていない場所があって汚れが非常に気になるといった方多いと思われますので、是非ともハウスクリーニングを利用することを顧客におすすめしましょう。

部屋の臭い

ハウスクリーニングに自宅の清掃をお願いすると、びっくりするくらいキレイにしてくれます。

利用者した人の中には、部屋の空気が変わったように感じるという感想を抱く人もいますが、表現が比喩的なのではなく、実際にハウスクリーニングにおいて部屋に染みついた臭いを除去しているからなのです。

当然、部屋自体を掃除してもらうことによって部屋の空気が新鮮になることも否定できませんが、臭いとは日常生活の中で気付かないうちに部屋に染みついているのです。

例えば、生ゴミやタバコなどの臭いが強いものもそうですし、生活臭そのものが染みついているのです。

また、部屋が賃貸である場合においては、引越しする前においてハウスクリーニングを利用することによって、原状回復させることも可能となります。

ハウスクリーニングでは、臭いもきちんと除去してくれますので、部屋を退去するときに敷金から清掃費を引かれる可能性も少なくなるメリットを顧客へと説明するようにしましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ハウスクリーニングのデメリットとは

ハウスクリーニングを利用することのメリットは上述したとおりです。

大きなメリットはたくさんありますが、少なからずデメリットも存在します。

自分でハウスクリーニングを独立させるときに、顧客がどのような部分をデメリットに感じているのかを理解することによって、どの部分を改善させれば仕事の受注に繋がるのかを考えることができます。

ここでは、ハウスクリーニングのデメリットを利用者目線に立ってご説明したいと思いますので開業して独立するときの注意ポイントとして抑えて頂きたいと思います。

手続きの煩雑さ

ハウスクリーニングを利用するためには、実際に家に来て清掃してもらう前にハウスクリーニング業者と連絡を取らなければなりません。

ハウスクリーニングを利用する場合においては、自分が住んでいる地域の近辺を営業対象としているハウスクリーニング業者をいくつかピックアップして、各社に問い合わせします。

掃除したい場所などによって料金や時間なども変わって来るため、具体的に依頼したい作業について説明したのち、見積もり書の作成を依頼して確認します。

そのうえで清掃日を予約して清掃してもらうといった流れが一般的です。

当初よりハウスクリーニングの業者を1社で選定するのであれば手間はあまりかかりませんが、それでは金額が高いのか安いのかを含めた適正性が確認できません。

適正さを確認するためにも、複数社でプランや見積書を比較することをおすすめします。

しかし、複数社を同時に相手しないといけないため、その連絡調整は煩雑となることから面倒に感じることもあるでしょう。

また、連絡方法が電話であればハウスクリーニング業者が営業しているときに電話をしなければいけませんし、インターネットを利用できるのであれば24時間対応ですが、返事が返って来るのでのロスタイムが発生します。

どちらにしても、ハウスクリーニング業者へお願いするまでの手間が面倒であることには変わりないでしょう。

コスト

ハウスクリーニングで部屋の掃除をお願いすると、間違いなく自分で掃除するよりもコストがかかります。

ハウスクリーニングでは、業者の人が自宅に来て掃除してくれますので、その人件費や技術料にコストがかかることは必然であると言えるでしょう。

このコストの負担は間違いなくデメリットであると言えます。


会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ハウスクリーニングで独立するには

ハウスクリーニングを生業として独立するためには、どのようにすれば良いのでしょうか。

実際に仕事をするために何かしらの許可取得が必要なのか、資金はどの程度必要なのか、仕事を軌道に乗せるためにはどのようなことに注意しなければならないのかなど、疑問に思うことはたくさんあると思います。

ここからは、ハウスクリーニングとして独立するための具体的に方法等についてご説明したいと思います。

資格の有無

ハウスクリーニングを開業するために、許可や資格は必要なのでしょうか。

答えは「No」です。

ハウスクリーニングの開業において、行政許可や認可及び国家資格など特別なものは必要としていません。

基本的には、ハウスクリーニングをしたいと思えば自由に開業することができるのです。

しかし、ハウスクリーニングを開業して仕事をすることによって利益が出ますので、得た利益に対して税金が発生します。

個人事業の開業届及び事業開始申告届などの提出が必要となります。

そういった手続きが苦手であったり面倒であると感じる方は、フランチャイズも良いでしょう。

フランチャイズの中には、あなたの開業を手伝ってくれるところもあります。また、フランチャイズでは、これまでにハウスクリーニングを長年行ってきた実績に基づき蓄積された、開業ノウハウが豊富にありますので相談してみるのも1つの手法でしょう。

また、必須で取得する必要はありませんが、全国ハウスクリーニング協会では技能検定を実施しています。

これに合格することによって、「ハウスクリーニング技能士」という資格を取得できます。

また、ハウスクリーニング技能士が在籍する事業所に対して「技能士在籍認定証」を申請できる仕組みとなっています。

この制度を活用することによって客観的に品質が確保されているハウスクリーニングであるということを証明できます。

また、ハウスクリーニングを依頼する人からの信頼を得ることができ、従業員の信頼向上にも寄与すると言えるでしょう。

開業資金

ハウスクリーニング業界は、他の業界と比べると比較的コストをかけずに開業できることが特徴です。

その理由は、ハウスクリーニングを実施するにあたってそれほど特別高額な設備や器具を必要とせず行えることから、初期投資であるイニシャルコストを抑えることができるのです。

従って、低予算で開業及び運営ができることがメリットです。

また、ハウスクリーニングの開業にあたって必要となる費用としては、フランチャイズを検討されているのであれば研修費やロイヤリティなどが必要となますので、概算額として300万程度必要となって来るでしょう。

フランチャイズでは、会社のネームバリューがあるため仕事を受注しやすいと言えますが、ロイヤリティを支払わなければならないデメリットがあります。

それを嫌がるのであれば、個人開業がおすすめです。

個人で開業する場合においては,設備工事費・車両費・什器備品等に加えて広告宣伝費なども発生することから、どれだけ低く見積もっても300万以上は必要であるとご認識頂きたいと思います。

また、イニシャルコストをもっと安く抑えたいと思うのであれば、自宅を店舗として利用するのも良いでしょう。

テナント代に関する費用を全て抑えることかできるため、イニシャルコストだけでなくランニングコストも同時に抑えられることが魅力です。

また、広告宣伝費に関する必要も高くつく可能性があります。

そんなときは、無料で登録できるサイトを利用することやSNSを活用することによって広告費を削減することもできますので、工夫してみてください。

そのほか、支払い手続きや入金手続きを行うための口座開設も必要となります。

昨今では、ネットバンキングも広く流通していますので、それらを利用するのも良いでしょう。

インターネットバンキングでは各種手数料を安く抑えられるところもありますので、メリットが豊富です。

ハウスクリーニングの開業にさしあたって、どうしてもコストを抑制しきれないのが掃除道具など備品となっています。

ハウスクリーニングは、家などを掃除することによってキレイにすることに対しての対価としてお金をもらいます。

従って、キレイにするための道具を適当にしてしまっては本末転倒であり、仕事を受注できなくなってしまいます。

そのため、掃除道具に関してはできるだけコストをかけて品ぞろえも豊富にしておく必要があるのです。

仕事の安定性

ハウスクリーニングは、開業が非常にしやすいメリットがありますので、新規にハウスクリーニング業界へと参入する人も多くなっています。

そのため、競争性が高くなっていますので他社と同じようなことをやっていると、仕事を受注することができません。

また、価格で競うことを想定しても、大手ではスケールメリットを活かして安く抑えられるところも、個人ではスケールメリットが活かせないなど、競合に対して太刀打ちできない場面もあります。

そこで重要なのが、付加サービスや価格の差別化を図ることなのです。

一言でハウスクリーニングの開業と表現しても、日常的な掃除や後片付けが基本の家事代行から、大掃除などの依頼を受ける専門技術もあります。

実際に、どのようなサービスを展開するのか具体的に提示することが重要なのです。

また、ハウスクリーニングを開業する場合は、不測の事態を想定して賠償責任保険へ必ず加入しておきましょう。

賠償責任保険に加入しておくことによって、ハウスクリーニングで依頼者の部屋や物品を損傷させてしまった場合に発生する賠償金に適切に対応することができます。

個人負担で簡単に賠償できるものであれば問題ないかもしれませんが、貴金属や高級車など賠償額が高額となってしまうものに損傷を与えてしまうことも十分想定できますので注意が必要です。

開業してから仕事が軌道に乗っていない段階において、大きな金額の賠償が発生してしまうと会社の存続も危ぶまれてしまいます。

そのことから、賠償責任保険に加入することによって賠償額を抑えることができます。

信頼性及び技術

ハウスクリーニングを開業する手法はいくつかあります。

1つ目は独立開業です。

こちらは、誰に頼ることなく自分で独立開業することとなりますので、依頼者からの信頼性は全て自分で積み上げていかなければなりません。

また、清掃業などの経験があれば良いかもしれませんが、全くの未経験者で開業すると掃除に関する技術も1から身につけなければなりません。

そういった面は大変ですが、ハウスクリーニングによって得られた利益は全て自分のものとできるメリットもあります。

2つ目は、フランチャイズ加盟する方法です。

独立開業のメリットは工夫次第で開業資金が抑えられることですが、独立開業したあとの集客や宣伝広告などを全て自分で行わなければなりません。

ハウスクリーニングは、家の掃除がメインとなっている性質上、家電などのように物を売るのではなく掃除をしてキレイにした結果を売る商売であるため、何よりも信頼性が求められます。

その点、フランチャイズなら大手の知名度がありますので、そのネームバリューの恩恵を受けることができます。

また、集客や広告の手間を省けるますので開業準備に専念することができます。

フランチャイズの中には、開業サポートもしてくれる会社もあります。

ハウスクリーニングを開業するための資金借り入れの相談だけでなく社労士・行政書士・税理士などまで紹介してくれるトータルサポートを売りにしている会社もありますので、税金などの問題について事前に検討することが可能となっています。

また、ハウスクリーニングで必須となる車両のリースや清掃業未経験者のための研修を実施してくれる会社もあります。

エアコンクリーニングなどの専門性が必要となる場合は、ノウハウも提供してくれるところもありますので、どのフランチャイズが良いのか吟味するようにしてください。


会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

ハウスクリーニングとして手軽に独立するには

上述したように、ハウスクリーニングとして独立するためには様々な準備を整えなければなりません。

ハウスクリーニングでは、掃除に必要な機材を段取りする必要もありますし、依頼者を獲得するための広告なども行わなければなりません。

ハウスクリーニングで独立するためには、行政許可や認可及び国家資格などを取得する必要がありませんのでその点は安心ですが、状況によっては個人事業の開業届及び事業開始申告届などの提出が必要となる可能性も視野に入れなければなりません。

そのようなことから、ハウスクリーニングで独立するための事前準備にお困りであれば、、是非とも私たち経営サポートプラスアルファ(KSP)にご相談ください。

私たちは、一般の税理士・税理士事務所では難しい経営・財務コンサルティングを手がけるプロフェッショナル集団です。

中小・ベンチャー企業の多様化・複雑化する経営課題に対して、財務戦略のご提案から成長をサポートしています。

経営・財務コンサルティングの豊富な経験を活かし、資金調達サービスや経理代行サービス、生産性の高い会議の実現を図る経営会議導入支援サービス、 将来的な成長を見据えた事業再建・上場支援サービスなどをご提供しています。

会社設立から事業拡大にともなう財務戦略の見直しまで、経営者様のお悩みに幅広く対応。

夜間や土日のご相談も大歓迎です。

成長戦略のプロセスを「理解」していても、「実現」できるとは限りません。

上場というチャレンジングな目標を達成したい企業様は、経営サポートプラスアルファへぜひご相談ください。

プロの経営コンサルタント集団として「100年先の繁栄を見据えた財務戦略」を考え、あなたの一生涯の経営パートナーを目指します。

あなたがハウスクリーニングとして独立を考えておられるのであれば、是非とも私たちにお手伝いをさせて頂ければと思います。


会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

ここまで、ハウスとして独立する方法についてご説明させて頂きました。

ハウスクリーニングの本質は、基盤である家庭を清潔で衛生的な環境を保ち、快適な生活を守る「生活環境サポート」役としての業務として考えられています。

ハウスクリーニング従事者が誇りと希望をもち業務を遂行できるよう、技術・技能と知識を高め、資格を持ち、ひいては業界の社会的地位の高揚を図ることが重要であると言えます。

一般住宅にも省エネ化、高気密化、免震等々高度な技術が投入され、住居環境の保持にも技術と知識が必要となってきております。

ハウスクリーニングに関する新技術も積極的に取り入れ、住まいを各部位別、個々の材料・材質別にデータにより専門的な分野にも踏み込んだ考察を行うことによって現場での作業標準化を図ることによって、作業の高効率化が図れます。

また「快適で健康的な住宅に関するガイドライン」や、一般住宅に関する法律改正等の法律関係についても熟知する必要があります。

上述したように、ハウスクリーニングを開業して独立させるためには様々な知識や経験を習得する必要があります。

そのため、ハウスクリーニングとしての独立を押し進めて行くにあたり、事務手続きの煩雑や業務繁忙による申請書類の遅滞など、お困りになられることもあるでしょう。

そんなときは、経営サポートプラスアルファを含めて是非とも他の人を頼るようにしてください。

個人でできることには限りがありますので、無理せず周りを頼るのも良いことです。

是非とも、あなたのハウスクリーニングとしての独立が成功することを心より願っております。

(参考資料:公益社団法人全国ハウスクリーニング協会公表資料(https://www.housecleaning-kyokai.org/))

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
今話題のハウスクリーニング!独立開業してがっつりと儲けませんか?
最新情報をチェックしよう!