お盆に会社設立できるの?お盆期間に会社設立をする際の注意点やポイントを解説します!

会社設立をお盆期間にできるのか気になる人がいるかもしれません。お盆期間でも会社設立ができれば都合が良いという人は多いでしょう。そこで、この記事では果たしてお盆期間であっても会社設立することができるのか解説します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆に会社設立はできるの?

お盆に会社設立することができるのか詳しく説明します。

会社設立の手続きは法務局が開いているときにしかできない

まず、会社設立のための手続きは法務局で行うのがルールです。そのため、法務局が開庁している間でないと手続きを進めることはできません。たとえ、オンラインや郵送で手続きをする場合であっても、法務局が開いているときでないと受け付けていません。オンライン申請のシステムは法務局の開いている時間帯しか利用できないからです。郵送で書類を送ったとしても、書類が受理されるのは法務局が開いている時間帯だけとなっています。

お盆期間も平日は法務局は開庁している

実はお盆期間であっても平日であれば法務局は開庁しています。お盆というのはそもそも地域によって時期が異なるものです。国が定めたものではなく、あくまでも昔からの風習や慣習として残っています。そのため、官公庁では、特別にお盆休みの期間を定めるということはしていないのです。民間企業ではお盆休みを設けていることが多いのですが、法務局は平日であればお盆期間でも開庁しています。そのため、お盆期間でも平日ならば会社設立の手続きを進めることは可能です。

お盆期間でも平日には法務局が開庁しているだけではなく、会社設立のオンラインシステムも利用できます。また、法務局に郵送した書類も、平日であればきちんと受理されるのです。

お盆期間でも平日ならば会社設立日にできる

会社設立の際のルールとして、会社設立日は法務局に申請をした日になります。申請をして登記が完了するまでにある程度の日数がかかるのですが、登記完了日と会社設立日は異なるのです。最初に申請をして受理された日が会社設立日となります。したがって、お盆期間であっても、平日であれば法務局に申請を受理してもらえるため、会社設立日にすることが可能です。たとえば、お盆期間中に会社設立日にしたい日があるならば、その日が平日であれば当日に申請することで会社設立日にできます。

ただし、郵送で申請をする場合は、確実に平日に書類が届くようにしておきましょう。書類が土日祝日に届いてしまうとその日に書類を受理してもらえなくなります。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆に会社設立をするメリット

お盆に会社設立したいと考える人がいます。それでは、どうしてお盆に会社設立すると都合が良いのか、どのようなメリットが存在するのか解説しましょう。

家族などに会社設立の報告をして新しい気持ちでスタートを切れる

お盆期間中であれば実家に帰る人が多いでしょう。お盆期間中に親戚同士の集まりがあるというケースもよくあります。そのときに、自分が会社設立をすると報告すると良いでしょう。会社設立は大きな決断であり、今後家族や親戚の力を借りる場面が出てくるものです。そこで、あらためてしっかりと家族や親戚一同に対して会社設立の報告をして、何かあったときに助けてもらえるように根回しをしておきます。また、会社設立に反対する親族がいれば、その場できちんと説明をして納得してもらうと良いでしょう。

お盆期間であれば、お墓参りをすることができます。その際にはご先祖様に対して自分が会社設立をするという報告を済ませることが可能です。これから会社設立をして新しいビジネスを進めるにあたって不安を感じる人はたくさんいます。そんな人はお盆期間中にお墓参りをすることで、ご先祖様のご加護を得ることができるでしょう。そうすれば、前向きな気持ちで会社設立を進められるはずです。

このようにお盆期間中に会社設立をして、家族や友人知人、親戚などに報告ができれば、新しい気持ちで会社をスタートさせられます。

忙しい人もお盆休みのまとまった期間を利用して手続きを進められる

会社設立をしようと考えているけれども、やるべきことがたくさんあり忙しくて手続きを進められない場合があります。そのような人であっても、お盆期間であれば余裕が出てくるでしょう。そのタイミングを利用して会社設立のための手続きを進めることができます。お盆期間は普通の会社は休みですが、官公庁はきちんと開いているため、役所で手続きをするのには都合の良いタイミングなのです。お盆休みを取得して、会社設立のための各種書類の作成を行い、法務局へ申請すると良いでしょう。そうすれば、お盆明けには会社の設立登記が完了して会社をスタートさせることができます。

お盆に会社設立をする人は少ないためスムーズに手続きができる

基本的にお盆期間に会社を設立しようとする人は少ないです。統計調査によれば、会社設立が特に多いのは4月です。また、10月に設立されるケースもよくあります。逆に8月というのは1年の中でも会社設立の件数が少ないとされています。そのため、法務局で手続きをする際には、スムーズに書類を受理してもらえる可能性が高いです。疑問点や不明点などを質問する際にも時間を割いて対応してもらいやすいでしょう。8月中でも特にお盆期間であれば、さらに会社設立の件数は少なくなります。お盆は実家へ帰省する人が多く、法務局を利用する人の数は普段よりも減るからです。法務局が混み合うタイミングを避けたいのであれば、お盆期間は会社設立で絶好のタイミングといえます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お盆に会社設立をする際の注意点

これからお盆期間中に会社設立をする際の注意点について説明しましょう。

会社設立をサポートするサービスがお盆休みで利用できないケースがある

お盆期間に会社設立を考えている人の中には、会社設立をサポートするサービスの利用を検討する人も多いでしょう。初めて会社設立する場合はわからないことがたくさんあり、不安になるものです。そのため、少しでも不明点や疑問点があれば、お盆期間でも専門家のサポートを受けたいでしょう。しかし、会社設立をサポートする会社は民間企業であり、お盆休みの期間は休みになっていることはよくあります。

そのため、これからお盆期間に会社設立をしたいならば、お盆期間でもきちんと営業しているサービスを探すことが大切です。たとえば、経営サポートプラスアルファであれば、お盆期間でも営業しており、いつでも会社設立に関する相談や質問を受け付けています。お盆期間での会社設立を全力でサポートすることが可能です。

お盆は縁起が悪いという考え方がある

お盆に会社設立をするのは縁起が悪いという考え方があります。お盆の時期というのはご先祖様の霊を供養するための期間です。そのため、昔からお盆期間中は何か新しいことを始めるのを避けるべきという意見があるのです。特に地方ではお盆にしっかりと準備をしてご先祖様を家に迎えるべきという考え方が根強くあります。そんなお盆期間に会社設立をするのは縁起が悪いとされているのです。

ただし、現在ではお盆期間にご先祖様の霊を供養するという意識を持つ人は減っています。そのため、お盆に会社設立をしたとしても、特に問題がないと考える人は多いです。また、お盆期間中に何かを始めることが縁起が悪いとされているのは、特に理由や根拠のあることではありません。基本的には、お盆は縁起が悪いという考え方は俗説であると理解しましょう。

もし、取引先などが縁起を気にするタイプの場合は、お盆期間の会社設立は注意してください。ひょっとしたら、縁起の悪い会社であるという印象を与えることがあるかもしれません。

会社設立をするメンバーがお盆休みを取る可能性がある

会社設立を仲間と一緒に行うというケースはよくあります。この場合、他のメンバーの都合をきちんと考慮しておかないと、なかなか集まって話し合いを進めたりする時間を確保できません。もし、お盆期間中に一気に会社設立の手続きなどを進めようと思っても、他のメンバーがお盆休みを取得するケースがあります。それでは、せっかくお盆に会社設立を進めたくてもできなくなってしまうでしょう。そこで、あらかじめ会社設立を一緒に行う仲間に対して、お盆期間中の予定を確認しておくべきです。ひょっとしたら、実家に帰省する予定のメンバーがいるかもしれません。お盆期間に会社設立のための準備を始めたり、挨拶回りをしたりする予定を立てる際は、他のメンバーの都合に配慮しましょう。

得意先や営業先がお盆休みのケースがある

会社設立を進める際には、単に法務局で手続きをすれば良いだけではありません。会社設立の報告をしたり、資金集めに奔走したりするケースもあります。その際には得意先や営業先を回る必要が生じることもあるのです。しかし、お盆期間中は多くの企業がお盆休みのために営業していないことがあります。そのため、お盆期間中に得意先や営業先を回ることができない場合があるのです。あらかじめ得意先や営業先がお盆期間中でもきちんと営業しているのか、対応してくれるのか確認しましょう。会社設立はスタートした直後が肝心であり、すぐに挨拶回りをすることは将来に与える影響が大きいです。そうすることで、営業活動をスムーズに進められるようになり、有利な状況で事業を展開できます。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

お盆であっても法務局が開いているため会社設立の手続きを進めることは可能です。お盆期間であれば、会社設立の件数は少なく、スムーズに手続きを進められます。また、お盆で帰省する際には会社設立の報告をできるという点もメリットです。ただし、お盆期間中はお盆休みを取得する人が多いため、あらかじめメンバーや得意先などの予定を確認しておきましょう。
もし、お盆期間に会社設立をしたいけれども、お盆期間に相談できる専門家がいなくて困っているならば、経営サポートプラスアルファにお任せください。当社はお盆期間であっても営業しており、いつでも会社設立に関する総合サポートを行います。お盆でも会社設立したい方は経営サポートプラスアルファにご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
お盆に会社設立できるの?お盆期間に会社設立をする際の注意点やポイントを解説します!
最新情報をチェックしよう!