賃貸の法人登記はバレる?トラブルを避けるための注意点や解決策を紹介!

賃貸で法人登記をしたい人の中には大家にバレるのではないかと不安になる人もいるでしょう。それでは、賃貸で法人登記すると実際のところバレるのでしょうか。この記事では賃貸で法人登記してバレることがあるのか、どんな点に注意すれば良いのか解説します。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

法人登記とは?

そもそも法人登記とは何なのかを説明しましょう。

法人登記によって会社は法人格を得られる

法人登記とはこれから会社を経営するために必要な法人格を得るための手続きのことです。法人登記をすることによって、会社についての基本的な情報を法務局に登録することができます。登録される情報は社名や本社所在地、事業の目的、代表者の氏名などです。これらの情報を法務局に登録すると、会社の情報が一般に公開されるようになります。具体的には法人登記簿謄本と呼ばれる公開帳簿に記載されるのです。法人登記簿謄本は誰でも閲覧することができます。したがって、法人登記をすれば会社の情報が公的に記録・公開されるのです。このような手続きを経ることによって、法人として国に認められるため、法人として活動できるようになります。

法人登記には会社の所在地を登録する必要がある

法人登記をする際には会社に関するさまざまな情報を登録しなければいけません。その中には会社の所在地に関する情報も含まれています。会社が所在している住所を登録する必要があるのです。それが公開されることで、法人がどこにあるのか誰でも確認できるようになります。

法人登記は自宅の住所を登録しても構わない

法人登記で登録する会社の所在地については特にルールは存在していません。制限はないため、たとえば自宅の住所を登録することができるのです。たとえば、大企業の場合にはオフィスを用意していて、そこを会社の所在地として登録しています。しかし、小さい規模の会社の場合は、オフィスを用意していないケースもあるのです。自宅を利用して会社を設立して事業を始めたいという人もいるでしょう。そのような人は、法人登記の際に自宅の住所を登録することが多いのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

法人登記で賃貸の住所を登録できるのか?

法人登記の際に賃貸の住所を登録することができるのか解説します。

法人登記における本店所在地に制限はない

法人登記をする際に登録する本店所在地については特に制限はありません。そのため、どのような場所を会社の住所として登録しても構わないのです。オフィスビルを借りてそこを本店所在地にする人もいれば、自宅の一軒家やマンションなどを本店所在地として登録する人もいます。

自分の住んでいる賃貸物件の住所で登録する人もいる

自分が借りている賃貸物件の住所を会社の所在地として登録するケースは少なくありません。賃貸のマンションやアパートであっても、会社の住所としては認められるのです。もともと事業規模が小さくて、社員も少人数であれば、自宅を事務所として利用しても問題のないケースはあります。また、会社の所在地は後から変更することができるため、とりあえず自宅として使っている賃貸物件を会社の住所として登録する人もいるのです。

賃貸で法人登記する場合はあらかじめオーナーに許可を得る必要がある

もし、今住んでいる賃貸物件を会社の所在地として利用する場合はあらかじめオーナーの許可を得ましょう。賃貸物件はオーナーの所有物のため、法人登記をする際には事前に許可を得る必要があるからです。オーナーに賃貸物件の住所で法人登記をしたいことを伝えて、許可を得てから実際に手続きを進めます。これが本来の流れであり、オーナーに内緒で賃貸物件を法人登記するのはマナー違反といえるのです。仮に利用規約の中に賃貸物件で法人登記をすることが認められていたとしても、事前に許可を得ることは重要なため注意してください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

賃貸の法人登記はバレるのか?

賃貸物件で法人登記をすることが果たしてオーナーにバレるものなのか説明しましょう。

賃貸の法人登記でオーナーの許可を証明する書類は不要

まず、法人登記をする際に登録する会社の所在地については、賃貸物件の場合にオーナーの許可を証明する書類の提出は不要です。法務局の方で法人登記された住所が賃貸物件の場合に、それがオーナーから許可を得たものか確認することはしません。あくまでも自己責任で登録することになります。

何かのきっかけでバレる可能性はある

賃貸で法人登記したとしても、そのことが法務局から賃貸のオーナーに伝えられるようなことはありません。そのため、基本的には自分からオーナーに伝えない限りは、賃貸で法人登記した事実がバレることはないのです。ただし、何かのきっかけで賃貸で法人登記したことがバレる可能性はあるでしょう。

たとえば、賃貸で借りている部屋に不特定多数の人が出入りすると住民に怪しまれる可能性があります。そこから賃貸物件のオーナーが調査をして、法人登記して会社の事務所として利用していることがバレるケースがあるのです。

たとえ賃貸で法人登記をして最初の頃はバレることを避けられたとしても、長く会社の経営を続けていれば常にバレるリスクが存在します。どこかのタイミングで賃貸の法人登記がオーナーにバレるかもしれないのです。

バレれば規約違反で大きなトラブルに発展する

仮に賃貸を法人登記していたことがオーナーにバレると規約違反のために大きなトラブルに発展するケースがあります。賃貸物件はオーナーが定めた利用規約が存在しており、規約で定められた事項を守ることが求められているのです。規約違反した場合は、強制退去させられることもあります。

それぞれの賃貸物件ごとに規約の内容は異なるのですが、最初から賃貸物件を法人として利用することを禁止しているケースは多いです。禁止されているにもかかわらず賃貸で法人登記をすると規約違反とみなされます。

規約違反をした場合には入居者に対して何らかのペナルティが課されるものです。特に多いのは強制退去や違約金の支払い、更新の拒否などがあります。賃貸を借りる際には規約を守り、違反した場合に規定された罰則を課されることに同意した上で契約するのです。そのため、規約違反となれば、オーナーに規約で課された罰則を受けることを求められます。

UR賃貸での法人登記がバレると強制退去

UR賃貸で法人登記を検討している人がいるかもしれません。実はUR賃貸では法人登記は許可されていません。事業用として利用できないとUR賃貸の規約に記載されているからです。そのため、UR賃貸を法人登記するのは規約違反であり、バレると強制退去させられます。実際にUR賃貸で法人登記したことがバレることで退去するはめになったという人はいるのです。UR賃貸を利用している人は事業目的で利用することができないと覚えておきましょう。UR賃貸に住んでいる人は法人登記のための住所を用意しなければいけません。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

賃貸で法人登記をするためのポイント

これから賃貸で法人登記をしたい人のためにポイントを解説しましょう。

賃貸物件の規約や契約内容を確認する

まず、現在住んでいる賃貸物件の規約や契約内容を細かく確認してください。賃貸物件を契約する際には規約などの確認を求められるはずです。しかし、細かな部分については説明を聞き流してしまった人はたくさんいるでしょう。あらためて契約書や利用規約などをよくチェックしてください。そこに事業目的での利用に関するルールの記載があれば、その内容にしたがう必要があります。たとえば、事業として賃貸を利用することを一切禁じているのであれば、法人登記の住所として利用することは不可能です。

あらかじめ管理会社やオーナーに相談をする

仮に賃貸物件の利用規約の中で法人登記が認められていたとしても、勝手に法人登記を進めてはいけません。事前に管理会社やオーナーに相談することが大切です。事業用に賃貸を利用する際には事前にオーナーへ相談して許可を得る必要があると規約に記載されていることは多いからです。もしオーナーに相談せずに法人登記をすると、事業用で利用できる賃貸物件であってもトラブルに発展する可能性があります。

賃貸で法人登記ができたならば他の入居者に迷惑をかけないようにする

きちんとオーナーに許可をもらい賃貸で法人登記をすれば、内緒で法人登記をしてバレるのを恐れる必要はなくなります。ただし、賃貸を事業用に利用していてトラブルが生じれば、それが規約違反となり強制退去などに発展するケースもあるため注意しましょう。特に他の入居者に迷惑をかけないことが重要です。不特定多数の人が賃貸の部屋を出入りする場合は特に注意しましょう。あくまでも他の入居者の生活を邪魔しない範囲で事業に賃貸物件を利用することが認められているのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

お住まいの賃貸住宅で法人登記ができないときの対策

もし住んでいる賃貸物件での法人登記が認められない場合の対策を紹介しましょう。

こっそりとお住まいの賃貸住宅で法人登記

賃貸住宅でこっそりと法人登記をすれば、後はバレるのを回避するだけで問題はなくなります。賃貸で法人登記の手続きを進めるだけではバレる可能性はかなり低いでしょう。しかし、実際に事業を始めた後でいろいろなきっかけからバレるリスクは常に存在します。バレることがあっても、多額の損害賠償を請求されるような事態は少ないです。バレると強制退去させられ、いくらか違約金を支払うといったケースが多いでしょう。しかし、バレることで会社の信頼や評判を落とすことにつながるケースもあります。そのため、こっそりと賃貸で法人登記をすることはおすすめしません。

別の賃貸住宅で法人登記

事業用に利用できる賃貸住宅を別に借りて、その住所で法人登記をするという方法があります。たとえば、事業用で利用可能で家賃の安い賃貸住宅も存在します。事務所としての機能は特に必要がないのであれば、家賃が安くて法人登記させてくれる賃貸住宅を探すのは有効な選択肢といえるでしょう。

ちゃんとした賃貸事務所で法人登記

法人登記するためにきちんとした賃貸事務所を借りるという方法もあります。この場合は、賃貸事務所にはちゃんとしたオフィスとしての機能がある点がメリットです。普通の賃貸住宅よりも快適なオフィス空間を手に入れることができ、来客がある場合も便利でしょう。ただし、賃貸事務所は一般的な賃貸住宅と比較するとかなり家賃が高く設定されています。特に都心部にある賃貸事務所だと家賃の負担がかなり大きくなるため注意してください。

最近はレンタルオフィスやバーチャルオフィスといった選択肢もあります。これらのサービスでも法人登記することは可能であり、賃貸事務所よりも家賃を抑えることが可能です。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

賃貸物件であっても法人登記で会社の所在地にすることは可能です。しかし、賃貸ではオーナーの許可を得ないと法人登記をすることはできません。こっそりと賃貸で法人登記を済ませてもバレる可能性は低いです。しかし、バレるリスクは常に存在しており、バレることがあれば強制退去を求められるでしょう。そのため、賃貸ではあらかじめオーナーの許可を得て法人登記することが大切です。
もし賃貸で法人登記することで悩みや不安があれば当社にお問い合わせください。当社であれば、会社設立の専門家としてさまざまな悩みに対応することが可能です。無料相談を実施しているため、気軽に経営サポートプラスアルファへご相談ください

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
賃貸の法人登記はバレる?トラブルを避けるための注意点や解決策を紹介!
最新情報をチェックしよう!