会社設立は六曜を意識しよう!縁起の良い日に会社を設立するためのポイントを解説!

会社設立をこれから考えている人の中には六曜を意識するべきか悩んでいる人がいるかもしれません。せっかくならば縁起の良い日に会社を設立したいものです。そこで、会社設立をするのにふさわしい縁起の良い日を見つけるために六曜の基本的な知識やポイントを解説しましょう。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立日の決め方について

会社設立日の決め方について基本的な点を解説します。

登記申請日が会社設立日になる

会社設立日は登記申請の書類が受理された日です。法務局に登記申請をして、書類が受理されれば、その日が会社設立日となります。そのため、会社設立日は登記完了日とは異なります。実際には登記申請をしてから登記が完了するまでには1週間以上かかるケースも少なくありません。そのようなケースでも、会社設立日は最初に登記申請の書類を法務局が受け取った日となります。オンライン申請の場合はオンライン上で申請をして受理された日です。郵送で申請する場合は、郵送した書類を法務局が受け取った日が会社設立日となります。

役所の窓口が開いていない日は設立日にできない

会社設立日にできるのは、法務局が会社の登記申請の手続きを受け付けた日です。そのため、原則として役所の窓口が開いている日しか会社設立日にはできません。登記申請を扱っているのは法務局であり、法務局が開庁する日は平日のみです。土日祝日や年末年始は原則として全国どこの法務局も開いていません。そのため、会社設立日にできる日は役所の窓口が開いている平日に限られるのです。

会社設立日を決めるのに六曜を意識する?

そもそも会社設立日を決める際に六曜を意識する必要があるのか説明しましょう。

記念日を会社設立日にする人は多い

会社設立日は自由に決めることができます。そのため、多くの会社では会社設立日に何らかの意味を持たせるケースが多いです。よくあるのは記念日を会社設立日にするケースです。たとえば、会社のリーダーの誕生日を会社設立日にすることは珍しくありません。夫婦で会社を創業する場合は結婚記念日を会社設立日に選ぶパターンもあります。その他、思い出深い日があれば、その日を会社設立日に選ぶことが多いです。

縁起の良い日を設立日にしたい人は六曜を意識する

会社設立日にしたい記念日が特にない場合は、縁起を意識するケースが多いです。せっかく会社をスタートする大事な日なのだから、縁起の良い日にしたいと考える人はたくさんいます。わざわざ縁起の悪い日を会社設立日にすると対外的にも会社の印象が悪くなるため、縁起にこだわるケースはよくあるのです。

そして、会社設立日を縁起の良い日にするために六曜がよく注目されています。その日の縁起の良さを決めるための風習はいろいろあり、その中でも日本で特に重視されているのが六曜なのです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立日を決めるのに重要な六曜とは?

会社設立日を決める際に採用されることが多い六曜について基本的な点を解説しましょう。

六曜がその日の吉兆を示す

六曜とは6種類の曜(大安、赤口、友引、仏滅、先勝、先負)によって、その日の吉兆を示すものです。日本ではよく暦注として六曜は採用されており、カレンダーや手帳などにもよく記載されています。現代の日本においても六曜は影響力があり、結婚式や葬式、会社設立日などを決める際に六曜が意識されているのです。

六曜は六輝や宿曜と呼ばれることもあります。もともとは中国で生まれた風習であり、それが鎌倉時代に日本に伝来しました。そして、江戸時代になって六曜による暦注が流行り、それが現在にまで残されているのです。明治時代になって太陰暦から太陽暦に改められたのですが、六曜は残りました。

最近では六曜を本気で信じている人は少なくなっているのですが、今でも高齢者を中心に六曜を大切にしている人は多いです。そのため、世間体を気にするために六曜を意識して結婚式や葬式、会社設立などの日取りを決めるケースが今でもよくあります。

6種類(大安、赤口、友引、仏滅、先勝、先負)の吉兆が割り振られる

会社設立で重視される六曜は6種類の吉兆が割り振られています。六曜の6種類の吉兆はそれぞれ下記の通りです。

  • 大安
  • 赤口
  • 友引
  • 仏滅
  • 先勝
  • 先負

六曜の名称は当初は違っていたのですが、江戸時代の後期に現在の形として確定しました。もともと旧暦の時代に生まれた風習であり、そのときは毎月1日の六曜が固定されていました。しかし、新暦の場合は同一の日の六曜が年や月によって相違します。旧暦と新暦がしっかりと対応していないため、六曜にズレが見られるのです。それが不規則性を生み出しており、六曜の神秘性を高め、六曜が今でも採用される要因とされています。現在の六曜は割り振り方が不規則なため、あらかじめカレンダーなどでしっかりと六曜を確認することが大切です。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

会社設立日の六曜ごとの違いについて

六曜の六種類の吉兆について、それぞれ会社設立日としてどのように解釈すればいいのか説明しましょう。

先勝は午前中に手続きを済ませると縁起が良い

六曜の1つである先勝は、文字通り早く物事を済ませると縁起が良いとされています。六曜の先勝の意味は「先んずれば即ち勝つ」です。したがって、午前中に物事を済ませると吉であり、逆に午後に物事を済ませるのは凶とされています。

そのため、六曜の先勝の日に会社設立をする場合は、午前中に手続きを済ませると良いです。そうすれば、吉日として縁起が良い日に会社設立できたことになります。しかし、手続きに遅れて会社設立の申請が午後になると六曜的には縁起が悪いため注意しましょう。もし、手続きが遅れそうであれば、 六曜 のことを考えて会社設立の申請は別の日にあらためて行うことをおすすめします。

先負は午後に手続きを済ませると縁起が良い

六曜の先負は急用を避けるべきとされています。先勝とは反対に「先んずれば即ち負ける」という意味であり、午前に何かをするのは凶であり、午後に物事を始めるのは吉とされています。そのため、六曜で先負の日に会社設立をするのであれば、午後に手続きを済ませると良いでしょう。急いで会社設立の申請をするのではなく、午前中は落ち着いた時間を過ごして、午後になってからゆっくりと行動を始めます。そうすれば、六曜的にはとても縁起が良くなるため、会社設立の良いスタートを切れるでしょう。

仏滅は一般的には縁起が悪いとされている

仏滅は六曜の中でも一般的に知名度の高い日です。六曜の仏滅は縁起がとても悪いとされています。六曜の中では大凶日とされており、何をするにも縁起が悪い日です。そのため、六曜の仏滅に結婚式をするのは避ける習慣が根付いています。また、会社設立についても、わざわざ六曜の仏滅を設立日にするのは避けられやすいです。

ただし、実は六曜の仏滅は物事を始めるのに良い日であるという解釈もあります。これは、六曜の仏滅を「物滅」と呼ぶという考え方から生まれた解釈です。つまり、仏滅には一旦物事が滅びるのですが、そこから新しく物事が始まるとも考えられます。そのため、六曜の仏滅を会社設立日にするのは、新しいスタートを切るのに縁起が良いと考えることもできるのです。

このように六曜の仏滅を良い意味に解釈することもできるのですが、上記の解釈の仕方はあまり一般的なものではありません。対外的なことを考えると、会社設立日を六曜の仏滅にあたる日にするのは、あまりイメージが良くないでしょう。会社経営においてイメージは重要であり、仏滅に設立された会社を不吉に感じる人もいるはずです。そのため、基本的には仏滅を会社設立日にすることはおすすめしません。

大安は縁起が良く会社設立日として最も人気がある

大安といえば、六曜において何をするにも縁起が良い日とされています。そのため、結婚式を大安に行いたいと考える人は多く、結婚式場は大安に予約が殺到します。他にも自動車の納車日や建物の工事着工日なども大安がよく選ばれるのです。もちろん、会社設立日で一番人気が高いのも大安です。六曜を意識して会社を設立するのであれば、まずは大安に設立することを検討しましょう。

たとえば、六曜の大安を会社設立日にしておくと、縁起の良い日に設立された会社としてアピールすることもできます。対外的に良い印象を与えられるという効果を期待できるのです。会社設立日について特にこだわりがない場合は、六曜の大安を選んでおくと良いでしょう。大安であればどこからも文句が出ることはなく、六曜的には成功が約束された日といえます。

友引は昼が凶とされているため要注意

友引というのは、六曜において勝負事の決着がつかず、よくも悪くもない日とされています。「共引き」が原義であり、会社設立日としては、可もなく不可もない普通の日といえるでしょう。

ただし、友引の日は六曜では朝晩が吉であり、昼は凶とされています。そのため、会社設立日が友引になっている場合は、朝早く手続きをするか、晩になってから手続きをすると良いでしょう。

六曜にこだわって会社設立日を決める場合は、あえて友引を選ぶ理由は特にないでしょう。偶然、会社設立をしたいと考えた日が友引の場合には、六曜的に昼は縁起が悪いということだけ覚えておくと良いです。

赤口は会社設立で縁起が悪い日

赤口とは正午の前後を除くと六曜では凶日とされています。吉の時間は午前11時から午後1時のみです。赤口は基本的に万事に用いない日であり、六曜的には何かを始めるのには縁起が悪い日とされています。そのため、基本的に会社設立日として赤口を選ぶ必要はないでしょう。正午の前後を狙って会社設立の手続きをしようと考えても、正午の時間帯はお昼休みで窓口が開いていないことが多いです。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順

まとめ

会社設立日を決めるために六曜について知っておきたいポイントをまとめました。たとえ六曜のことを信じていなかったとしても、対外的なことを考えて縁起の良い日に会社を設立することは大切です。六曜的には、大安が最も会社設立日としてふさわしい日といえます。ただし、どうしても大安を会社設立日にできない場合には、先勝や先負を選び、時間帯に気をつけて手続きを進めると良いでしょう。基本的に会社設立日として、仏滅や赤口といった日はおすすめしません。
会社設立については六曜のことだけではなく、他にも考えるべき点はたくさんあります。そこで、会社設立について専門家のサポートを受けたい方は、経営サポートプラスアルファにお任せください。当社であれば、いつでも無料相談を受け付けています。会社設立の専門家である経営サポートプラスアルファにどんな悩みでもお気軽にご相談ください。

会社設立の代行費用0円、個人事業主とのメリットデメリット流れと手順
会社設立は六曜を意識しよう!縁起の良い日に会社を設立するためのポイントを解説!
最新情報をチェックしよう!